午前2時の備忘録

写真を中心とした雑記ブログです_φ(・_・

【セガ秋葉原にて】UFOキャッチャーを教えてくれたアキバ系兄貴『リゼロのレムたんをうっかりゲット』

こんばんは_φ(・_・

アニメ漫画ミリタリー、、
僕の好きなものが大概揃ってる秋葉原

今、春のサバゲーに向け、グッズを買い漁りに(買わずとも浸りに
しょっちゅう行ってます。

 

美味しいお店も多いしね。

www.memorandumat2am.tokyo

 
ミリタリーなお店で行くのはECHIGOYA41PXS&Graf
ほぼこのあたり。

 

だけど最近は、たまには違うところへ冒険だ!
と、ミリタリー関係なく目に付いたところに突撃、
新発見があったり、「・・・(絶句)」ってなったり、
そんな楽しみ方をしております。

で、もともとアニメ好きなんで、
それ関連のお店が当然目につくわけです。

 

放送されたのは2016年なんですが、今、
Re:ゼロから始める異世界生活にハマってます。

Amazonプライム・ビデオ様様。
海外ドラマアニメ映画
時間を遡って、見たいものを好きな時間に好きなだけ。
ホントいい時代になりました・・・←誰だよ

でも、見たいもの多すぎで時間が足りない。
夜の時間アマプラに完全に制圧されています。

 

で、そう、Re:ゼロ(リゼロ)にハマってるんです。
ストーリーも面白いし、キャラも魅力的。
(これはこれで近々記事書きますね。)

登場キャラにレムt・・・レムっていう女の子がいて、
まぁ・・・可愛いったらありゃしない。

レムたん。

 

JR秋葉原駅前に、セガ秋葉原ってところがあります。
UFOキャッチャーやらアーケードマシンやらが詰まってます。

今まで完全にスルーしてたんですが、ノリで入ってみることに。

「UFOキャッチャー、最後にやったのいつだろ。」

そんなこと考えながらぐるっと回ってると、

 

・・・バルくん

 

・・・ん?

 

・・・スバルくん、レムはここにいるよ?

 

・・・あ、レムt・・・レムたん!!

注:僕は、スバルくんではない。

 

ブログに書くつもりなんてまったくなかったんで、
僕を呼ぶレムたんの写真はありません。
誰ですか、今痛いって言ったの?
(初弾装填)

 

でも、残念ながら、全く取る気なし。
そもそも取れないだろってのと、
万が一取れたところでどこに飾るんだってのと。

が、そこに、両手に大量の戦利品が詰まった袋を持った、
アキバ系兄貴が登場。

サクッとレムたんをゲット。

普通に感動して話しかけてみました。
(僕、よく知らん人にいきなり声かけます。)

 

すごいっすね、そんなサクッと取れちゃうんですね。 

 

(ビクっ・・・!)い、いや、そんな、YouTubeとかにや、やり方流れてますし・・・。 

 

(待て、なぜ怯える。)いやーでもそれをできちゃうってすごいですよ。どうやるんですか?

 

えっと、ここをこうしてこんな風に・・・

 

へ〜なるほど。いやでもすごいっすね。ありがとうございました!

 

やり方教えてくれてるときは結構乗り気で話してくれました。
(ホッ・・・w)

 

せっかくだからやってみよう!と、100円投入。

・・・。

・・・。

・・・まぁ無理だよね。

何回かに分けて取るんですが、最初の一撃がうまく決まらず、
「まぁ、やっぱ無理だろ」と諦めて違うフロアに。
すると、さっきの兄貴がまたサクっとゲットしとりました。

そんで、もう一度レムたんの元へ。
「クオリティ高いなぁ・・・可愛いなぁ・・・」
とちょい遠目から眺めていると、なんと兄貴がまた登場。

あまりの捕獲数にギャラリーも騒つく中、
兄貴がレムたんに対峙します。

スススっと箱をずらしていくテクニックはやはり凄い。
あと数手で落とせる、そこまできたとき、
兄貴が急に振り返って、ギャラリーの中にいた僕の方を向き、

 

こんな感じでやっていくんですよ。

 

他にギャラリーはたくさんいるのに、
兄貴と僕以外の存在が消えます。

 

え、え・・・?

 

やってみてください。

 

兄貴には、さっきまでのおどおどした感じがなく、
なんならかっこよく見えます。

 

こう・・・ですかね?

 

そそそ!そんな感じですよ。

 

おーなるほど・・・!

 

あと2手ぐらいで落ちる、ここまで来た時、

 

このままいけば、確実に落とせます。頑張ってください!

 

兄貴は、レムたんが落ちるのを待たず、
なんともかっこよく去って行きました。

 

なんなんだ、なんだこのカッコよさは!

 

あ、ありがとうございます!!

 

そして、レムたんをゲット・・・!

 

僕、サバゲーの時とかすごく(自分に)感じるんですけど、

 

ぶっちゃけ、

 

目をキラキラさせて拳銃を愛でて語る人とか、
レムたんとか言ってるやつ、キモくないですか?wwww

 

おそらく僕もアキバ系なんでしょうね。
アキバ系ってなんでしょう?

所謂、オタクの別称でしょう。(おたく - Wikipedia

自分の好きなことをとことんまで追求している人が集う街
受け入れてくれる街、それが秋葉原

めっちゃディープに何か語る人って、
浮くときありません?

僕はそういうの、自分は詳しくなくても聞いてくれる友達がいて
非常に助かってますが、なかなか、理解者が近くにいるのはレア

理解を示してくれるとすっごく嬉しくなって、
いろんなこと話したくなって、知って欲しくて、
僕は自分がそうなので、兄貴もそういう状態だったのかな?
と思いました。

もちろん、全員が全員そうじゃないだろうけどね。

おそらく、お互い次会っても気づかないだろうけど、
友達ができたようないい気分で、帰路につきました。

 

レムたんと、一緒に。

 

いや、美しくまとめようなんて思ってませんよ。

ゲットしたのが、こちら。

f:id:kta_0-0v:20180317235220j:plain

 

そう、結構ね、デカイんさ。
全体がって意味ね。

でも、すごいな、クオリティが。
よーくできてる。全体的に。

とりあえず今レムたんは、部屋のどこにも落ち着けず
日々転々と置き場所が変わっていますww

これがキッカケになって、どんどん増えていったりしてねwww

今夜はここまで!!